logo
カテゴリ一覧
这是描述信息

風陽湖の山水文化

概要:
概要:
詳細
「風光+文化+レジャー休暇」をテーマとした娯楽・レジャー観光総合体を構築する。
 
鵜が魚を捕るのは中国の労働人民の一つであり、千年にわたって受け継がれてきた古い技術であり、鵜は優れた漁獲能力を持っています。中国では早くから鵜を飼いならして魚を捕る人がいます。この技術は中国の多くのところで失われて久しいです。この伝承千年の古い技術を観光客の友達に見せるために苦労しました。
 
私達のポプラ湖では、漁師が魚を捕る時に飼いなられた鵜を連れて、鵜が竹の列に整然と立っています。それぞれの首に藁をつけられています。藁は鵜が魚を捕る時に盗むのを防ぐものです。鵜が魚を見つけると、鵜は次々と水に飛び込んで魚を捕る。首にこの藁をつけているので、鵜が魚を捕って飲み込めなくなり、魚をくわえて竹の上に帰るしかなかったです。主人は魚を取って、鵜はまた潜って魚を捕りに行きました。大きな魚に出会うと、鵜が力を合わせて捕まえます。魚の目をつつくものもあれば、魚の尾をかむものもあれば、魚のひれをくわえるものもあります。魚が終わったら、主人は鵜の藁を取って、用意した小魚をご褒美に食べさせます。このような漁法はとても面白いです。とても効果的です。
 
忠臣廟の観光スポット「鵜のショー」の主演は府前村の地元漁師の袁某で、袁さんは地元の土生の漁師で、鵜の魚をキャッチする技術はもう四十年以上になりました。袁さんは小さい時から鵜と縁を結びました。袁家の五代目が鵜の魚を捕る技術を身につけた人です。漁師は鵜に対して、まるで農民が牛を耕しているように大切にしています。これを「漁家の宝」と言います。特に、袁さんの鵜のチームの中に白鵜がいます。この白鵜の年齢は25歳になりました。袁さんの強力な助手の一人です。白鵜はとても珍しいです。この白鵜の体の価格は10万元に達しました。多くの生まれて間もない鵜の子はこの白い鵜に従って魚を捕る技術を習っています。
 
鵜は魚を捕る名人だけでなく、昔は幸せな結婚の象徴としてよく使われました。だから、鵜のショーと同時に、来場者の友達に祝福を与えました。次は袁さんと鵜さんが登場します。

スマホで確認するにはQRコードをスキャンしてください

在线搜索

搜索
検索

鄱阳湖忠臣庙景区
Zhongchen Temple Scenic Area

事業協力

 

事業協力

 

 

ホテル予約
ユーガン名物

私達について

 

景勝地
情報

 

お問い合わせ

 

会社の電話番号:
0793—3552296
風光明媚な電話 :
0793— 3352288
景勝地住所:江西省余干

 

公式公開番号

江西中林浦陽湖観光開発有限公司Copyright © All Rights Reserved        
赣ICP备19006574号   网站建设:中企动力   南昌